菅義偉首相は15日の衆院予算委員会で、中学校についても少人数学級の実施を検討すると初めて明言しました。

 現在の小中学校の学級編成は1クラス40人(小学校1年のみ35人)。長年の保護者や教職員の運動におされ、政府は2021年度から小学校全学年を段階的に35人に引き下げる計画を決めましたが、中学校は計画に入っていません。

 米国やドイツの中学1年の学級編成が30人なのに日本では40人だと指摘し、「世界の流れは30人、20人程度学級だ。日本も小学校にとどまらず、中学校でも35人に進むべきだ」と迫りました。

 菅首相は、小学校で実施する35人学級の教育効果などを検証するとし、「その結果も踏まえ、望ましい指導体制のあり方について引き続きしっかりと検討していきたい」との答弁に、その検討対象に中学校が入るのかと重ねてただすと、菅首相は「いま中学校を念頭に申し上げた」と明言しました。菅首相はまた、小学校の35人学級化で「子どもの状況を把握し、一人ひとりにきめ細かな教育が可能になると思っている」と述べました。

 「大事な答弁だ」と指摘した上で、中学校は小学校から大きく環境が変わり、不登校も急増するなどきめ細かな支援が求められているとし、「中学校でも少人数学級をぜひ進めてもらいたい」と訴えました。