アクション 

7月4日・参院選公示、はたの君枝候補第一声に「共産党の訴えはわかりやすい」の声

2013年7月5日

1002066_407204632718359_1577427566_n神奈川選挙区(改選数4)で、はたの君枝候補(56)=元=は、横浜市のJR鶴見駅前で、「自民党と対決して、暮らしを守り、原発をゼロにし、憲法を守る」と力強く訴えました。はたの候補は「じぇじぇじぇ日本共産党」「今でしょ!はたの君枝です」とのコールを受けて出陣しました。横浜国立大学名誉教授の萩原伸次郎氏や、白石民男新東京都議、各分野の後援会の代表が応援演説しました。通りがかりに訴えを聞いた女性(40)は、「共産党の訴えはわかりやすい。消費税を上げてほしくない」と話しました。
あさか由香比例候補も訴えました。
都議選品川選挙区で初当選を決めた白石民男都議の演説には「東京ありがとう!神奈川も続くぞ」の声援と拍手がおきました。

その後も東神奈川駅、関内駅、横浜駅西口などで訴えました。

神奈川選挙区は、共産、自民、公明、民主、みんな、維新など有力6氏を含む11人が争う大激戦です。

(しんぶん赤旗 7月5日付より)