アクション 

JR交渉、宣伝、川崎市長選

2013年6月20日

19日、はたの君枝さんは荒磯日本共産党後援会、新婦人あじさい班、座間と相模原市会議員の皆さんと一緒に、相模線相武台下駅へのエレベーター設置等のバリアフリー化の要請交渉に参加しました。

午後は三浦市に。3名の市会議員の皆さんとともに宣伝行動に出発。「議会が7月からなので今、頑張らねば」と皆さん元気です。

夜は「君嶋ちか子さんと共に川崎市長選挙スタート集会」に参加し挨拶しました。君嶋さんはとても素敵な人です。ハローワークの次長や労働者推薦の労働審判員をやるなど労働者の仕事確保や守るために働いてきた労働者にとっては最も市長にふさわしい人です。また、新日本婦人の会中原支部の支部長さんとしても頑張ってこられた方です。子育てや医療、福祉の分野はじめ女性の生活と権利守るためにもその先頭に立ってきた人です。この面でも市長にもっともふさわしい人です。

はたのさんは、「君嶋市長実現のためにも、現在戦われている都議選と7月の参院選頑張る」と決意を述べました。