アクション 

雨の横浜文体 4000人が燃えました

2013年6月14日

6月13日、神奈川県での一連の演説会の締め括りの位置にあった志位委員長を弁士とする横浜文化体育館での演説会は、台風接近、途中から熱帯低気圧に、等などの悪天候の中、横浜市を中心に4000人が集まりました。

13日文体参加者 13日文体2階から

「社会派トランぺッタ―」松平晃さんのオープニング演奏で始まり

13日文体松平

司会は古谷靖彦、荒木由美子両市会議員。荒木さんは着物です。

13日文体司会者

参議院選挙前に、東京都議選投票日から始まる横須賀市長選挙に出馬予定している岸まき子さんがあいさつ。

参院選直後の8月に選挙のある横浜市長選挙に出馬予定している柴田豊勝さんがあいさつ。

13日文体岸13日文体柴田

参議院比例候補に発表されたばかり、この日がスタートとなった、あさか由香比例候補。「ゆかちゃーん」の声と共に登場。「若いわねー」と。

13日文体あさか

「この人が当選しないと参院選挙を行う意味が無い」小池副委員長から評されている、はたの君枝参院選挙区候補。主要6候補の中で「賃上げと国民の所得を増やしていけるのは」「憲法改悪阻止して憲法を生かした政治を実現できるのは」「米兵の犯罪を糾弾し、この1年半に25回にわたる米軍基地や外務・防衛省に抗議した。根本の安保条約無くす事ができるのは」、この人、はたの君枝さんです。

13日文体はたの

ご存知小池晃副委員長。「消費税大増税と雇用破壊を狙う自民党政治には未来は無い。暴走する政治に筋を通して立ち向かうのが日本共産党です」と述べ、比例5人全員の当選と、選挙区はたの候補の必勝を訴えました。

13日文体小池

志位委員長は、「国民は『大企業がもうかればいずれ家計に回る』という安倍首相の言い訳のウソを見抜きつつある」、「アベノミクスには国民の所得を増やす『矢』は一本もない。暮らしを壊す『毒矢』ばかりだ」、「首都圏に、横田、厚木、横須賀と、三つもの巨大な外国軍基地を抱えている国はほかにはない」、「安保条約をなくして真の主権回復をかちとろう。日本共産党の躍進で自主・独立・平和の新しい日本を築こう」と訴えました。

13日文体志位委員長 13日文体4人