アクション 

全労働者の賃上げを はたの氏あいさつ

2013年5月2日

神奈川県内では、10カ所でメーデーが取り組まれ、計約5000人が参加しました。横浜市中区には約2000人が集まり「安全第一 もーイヤ!!ТPP」と書いた牛の面や、「パートの最賃上げて!」など手書きのプラカードを身に付けて、デモ行進しました。

1日メーデー

集会で、メーデー実行委員会の水谷正人委員長は「仲間を増やして力を付け、仲間と共に闘い、『頑張ってよかった』といえる職場と地域、政治と社会にする為に頑張ろう」と訴えました。

日本共産党の、はたの君枝参院神奈川選挙区予定者は、来賓あいさつで「賃上げと安定した雇用の拡大を進めてこそ、デフレ不況から抜け出し、日本、神奈川の経済を立て直す事ができる」と強調しました。

初参加した介護労働者の男性は「仕事は違うけど同じ思いの人がいっぱいいて心強いし、うれしいです」と話しました。