アクション 

首都圏いっせい宣伝「普天間基地撤去を」はたの・田村両氏うったえ

2010年5月8日

東京、神奈川など首都圏の日本共産党は7日、全駅いっせい宣伝行動にとりくみ、「しんぶん赤旗」5月号外を配布し、米軍普天間基地「無条件撤去」などを訴えました。
川崎市の武蔵新城駅前では、田村智子氏(参院比例)とはたの君枝元参議院議員(参院神奈川)むねた裕之氏(県会川崎市中原区)が演説しました。
田村氏は、鳩山首相は沖縄県民の立場で米政府と交渉すべきだと強調。米軍基地に苦しめられてきた沖縄の歴史にふれ、「反戦平和を貫いてきた日本共産党に平和への思いを」と呼びかけ、はたの氏は「憲法9条を大事にする外交を」と訴えました。
受け取った号外を見つめていた男性(37)は、「自分は鹿児島県徳之島の出身です。徳之島への基地の移転は反対」と語り、川崎市の女性(60)は、号外にある4・25沖縄県民大会の写真を指さし、「鳩山首相は、これだけ集まった県民の気持ちを考えないといけない」と話しました。
田村氏と対話した横浜市の女性(67)は、「米軍基地問題で自民党は何もできなかった。民主党もあてにならない。基地は必要ない。日本共産党にがんばってほしい」と語りました。



配布された「しんぶん赤旗」5月号外