アクション 

憲法9条こそ日本をまもる―はたの、県女性後援会が憲法記念日宣伝

2010年5月4日

はたの君枝元参議院議員(参院神奈川)は3日、日本共産党神奈川県女性後援会とともに横浜市の東神奈川駅前で改憲に反対し憲法9条まもる宣伝・署名行動にとりくみました。

手を差し出してビラを受け取る人、「米軍や米軍基地が日本をまもるというウソに騙されてはいけない」というひとも。署名した人から「憲法9条を守ることが平和を守ること」(男子高校生)、「米国と戦争をやる国にしてはならない」(84歳男性)、「浸透も改憲派とは、よくない」(80歳女性)、「娘が障害者。軍事費は暮らし、福祉に回すべき」(37歳女性)などの声がよせられました。

はたの氏は「米軍基地のない神奈川、沖縄、日本をつくろう」と訴え、自民、公明、民主だけでなく、新党も改憲をたくらんでいると強調。「憲法を生かし平和と暮らしを守る願いを日本共産党と私、はたの君枝におよせください」と呼びかけました。