未分類 

日産、いすゞ、JFEにたいし労働者が裁判で訴え

2010年3月30日

100315_1231~01.jpg

3月27日、横浜市内で、裁判に訴えている神奈川県内の働くみなさんが集会を開き、交流しました。弁護士のみなさんも参加しました。
私はこの3月、日産(4日)、いすゞ(15日)、JFE・共和物産(23日)などの非正規切りや不当解雇にたいして、解雇撤回を求めるみなさんの裁判を傍聴し、支援してきました。
ある裁判では、「何年も働けるから」といわれ、契約更新を繰りしてきたものの、突然「明日から来なくていい」と解雇された実態が訴えられました。
政府の労働者派遣法改定案は、「製造業派遣の原則禁止」をいいますが、「常用型派遣」を「例外」としています。これは、1年を超え働く見込みがあれば、短期の雇用契約を反復更新している場合でも、派遣を認めるというものです。これでは「使い捨て」労働にかわりはなく、多くの労働者が救われません。現場の労働実態を出しあって、派遣法の抜本改正をおこなうよう、声を大きくあげていきましょう!