アクション 

命のバトン原発ゼロ 行動各地で

2013年3月12日

10日、首都圏各地で原発ゼロをめざす行動が取り組まれました。

横浜では、はたの氏参加

横浜駅前ではアピール行動が取り組まれました。毎週金曜日に東電神奈川支店前で抗議行動を続けるNoNukesよこはまアクション実行委員会が主催しました。

実行委員会の村木勇子さんは「みんなが安心して暮らせるエネルギーに変えていこう」と呼びかけ。通行人に声をかけ、用意した白い横断幕に、原発ゼロへの思いを書いてもらいました。

「原発なくし、みんなが故郷に帰れるようにして」と書いた田村タナンさんは、ビラ配りにも参加。「原発は結局、安全ではなかった。今でもたくさんの人が不安を感じるエネルギーは、即時廃止すべきです」と話しました。

日本共産党の、はたの君枝参院神奈川選挙区予定者も駆け付け、「原発ゼロは絶対に後戻りさせません。声を大きく広げていこう」と訴えました。

東電本店前では小池・吉良氏「責任果たせ」と訴え

千代田区の東京電力本店前で行われた抗議行動では、日本共産党の小池晃副委員長と吉良よし子党都雇用と就活対策室長も参加し、あいさつしました。