アクション 

新しい政治つくろう 建設女性後援会が集い

2013年2月21日

日本共産党の小池晃副委員長・参院比例予定者は16日、党県建設女性後援会の集いに参加し、「共産党の大波を起こして参院選で勝利し、新しい政治をつくろう」と呼掛けました。

16日オレンジはたの

挨拶した、はたの君枝参院神奈川選挙区予定者は、組合と党が粘り強く求めてきた公契約条例や住宅リフォーム助成制度が県内各地で実施されていると紹介。「大企業にモノが言える党が伸びてこそ、仕事確保、賃金・単価アップが実現できる」と話しました。

16日オレンジ小池

小池氏は、自公政権の「アベノミクス」で計画する公共工事は、不要不急の高速道路や港湾の整備などで大手ゼネコンにしか仕事が回らず、地域経済の活性化につながらないと指摘。暮らしと経済を立て直すには消費税増税の中止と共に、雇用の拡大と賃上げが必要だとして、党の「働く皆さんへのアピール」を紹介しました。

また小池氏は、建設国保は、組合員の努力で健診受診率をあげ、給付率を維持してきた実績があると説明。国庫補助を削減する為に建設国保を攻撃し、国民の中に対立をつくる自民、公明、民主の各党を批判し、「この攻撃を、連帯の力ではね返そう」と述べました。

16日オレンジはいポーズ 16日オレンジはたの握手 16日オレンジ小池握手 16日オレンジ必勝を

全県の後援会員が次々壇上に上がり、参院選勝利に向けて決意表明をしました。