アクション 

寒川町議選 子ども医療無料小3まで拡充 党町議団 はたの氏訴え

2013年2月15日

12日告示された寒川町議選(17日投票)で、はたの君枝参院神奈川選挙区予定者は、町議選に立候補したきたむら出、細川京三、山田まさひろの3候補の全員当選を力強く訴えました。

14日寒川きたむら 14日寒川細川 14日寒川山田

はたの氏は、3人の町議団が議案提案権も活用して、小学校3年生までの子どもの医療費無料化拡充させてきた実績を紹介。「子どもの医療費無料化を国の制度として実施させる為に、町議団とも力合わせて、国会で頑張っていきたい」と訴えました。

笠井亮衆院議員が国会質問(8日)で、企業の内部留保のわずか1%を使うだけで7割の従業員に月額1万円以上の賃上げをする事が出来ると示した事に対し、麻生太郎副総理が「(賃上げ)できる条件に企業側はある」と認めた事を紹介。引き続き、労働者の大幅賃上げが実現するよう全力を尽くす決意を表明しました。

また、「安倍内閣は消費税をあげ、社会保障を改悪し、国民の懐からますますお金を奪う政治を進めようとしています。夏の参院選で、国の悪政から国民の暮らしを守る防波堤の役割を果たす日本共産党を大きくして下さい」と訴えました。