アクション 

ТPP参加に反対 神奈川食農健が宣伝 はたの氏激励

2013年2月14日

「食料・農業と国民の健康を守る神奈川会議」はこのほど横浜駅で、TPPへの参加に反対する宣伝をしました。

宣伝には11人が参加しました。参加者は「食品添加物を野放しにするТPP反対」「地域から仕事奪うТPP反対」などと書いたパネルでアピール。全国食健連が作った「これがТPPだ」を配りました。

11日食農健①

同会議の永田講平議長はハンドマイクを握り、「総選挙で多くの自民党候補はТPP反対で当選しています。しかし、財界の圧力で、自民党はТPP加入を検討しようというふうに変わってきています。“自民党は公約を守れ”の声を大きくしていきましょう」と呼びかけました。

11日食農健②

日本共産党の、はたの君枝参院神奈川選挙区予定者が宣伝に駆けつけました。

はたの氏は「各国の経済主権を尊重し、自分の国の食べ物のあり方は自分たちで決めていくのが世界の流れです」と指摘。ТPPが農業だけでなく、食の安全や医療、労働制度も壊す事を告発しました。