アクション 

世界遺産登録で懇談 鎌倉市長とはたの氏 商工会議所・観光協会役員とも

2013年1月25日

日本共産党の、はたの君枝参院神奈川選挙区予定者は23日、鎌倉市の松尾崇市長や、鎌倉商工会議所、市観光協会の役員とそれぞれ懇談しました。党市議団の吉岡和江団長、赤松正博、高野洋一両市議が同行しました。

1月23日鎌倉懇談

鎌倉の世界遺産登録をめざす松尾市長との懇談で、はたの氏は、登録をめぐって、「まちづくりの在り方や市民の理解をえる問題などさまざまな課題があると聞いています」と切り出しました。

松尾市長は「庁内で『世界遺産あるまちづくり』ということでプロジェクトチームをつくり、県と調整して国に要望するものは要望していく」などと説明しました。

吉岡団長は、登録に伴う交通問題など、「きちっと解決しないといけません。こういう問題は超党派で進めていきましょう」と応じました。

市観光協会では、応対した遠藤一彦専務理事が「世界遺産登録は観光客を呼ぶためではなく、鎌倉の寺社などを後世に残すためのものだと聞いている」と語りました。懇談では、観光客の協力を得たまちづくりや商店街の活性化について、意見交換しました。

鎌倉商工会議所では、波多辺弘三専務理事らが応対。波多辺専務理事は、「企業の内部留保が非常に多い。従業員に還元してもらいたい。ただし、経済がきちんと回っていないと、お金をもらっても貯蓄に回る」と語りました。

  懇談では2013年度から同会議所が実施する予定のプレミアム商品券について、住宅リフォームも対象にする重要性が話し合われました。