アクション 

鶴見駅周辺点字ブロックを調査 視力障害者福祉協会 市・区に改修要求 はたの氏ら同行

2013年1月25日

鶴見区の視覚障害者福祉協会(新井豊三会長)は21日、JR鶴見駅周辺の点字ブロックの現状を調査し、市・区に改修・改善を求めました。

1月21日鶴見調査①

調査は新井会長の要望を受け、日本共産党の古谷靖彦横浜市議が市道路局、健康福祉局、区土木事務所の担当者と調整して行われたもの。約20人が参加しました。はたの君枝参院選挙区予定者も同行しました。

調査では、全盲の男性と一緒に歩いて意見を聞きました。混雑時に通行人と接触するおそれがあるところや、歩道橋の手すりに誘導しにくい所がある事が分かりました。

調査後、新井会長は「古谷市議が私たちの声を聞いて動いてくれ、助かります。視覚障害者が安心して暮らせるように、引き続き、私たちの声を行政や鉄道会社に伝えて欲しい」と語りました。

古谷市議は「誰もが安心して利用、移動が出来る駅づくりの為、皆さんと力を合わせて頑張りたい」と話しました。