アクション 

神奈川民医連が理事会と新年会 はたの氏あいさつ

2013年1月13日

神奈川県民主医療機関連合会の理事会と新年会が10日開かれました。

理事会で、堀内静夫会長があいさつし、消費税増税、憲法9条の改悪、TPPへの参加、原発の再稼働・新設をめぐる動きに触れ、「いのちと人権を守り、地域の運動のかけ橋になり、脱原発と平和を目指す私たち民医連にとって、新たなチャレンジの年となる」と述べました。

新年会では、日本共産党から、はたの君枝参院神奈川選挙区予定者と古谷やすひこ横浜市議が出席し、来賓あいさつをしました。

はたの氏は、消費税を引き上げ、社会保障を切り捨てる「税と社会保障の一体改革」路線を進める安倍内閣を批判し「憲法を生かし、いのちを守る政治を実現するために、民医連出身の小池晃参院比例予定者とともに頑張ります」と訴えました。