アクション 

暮らし・経済 元気にする党を 小池、はたの氏等新春のあいさつ

2013年1月5日

日本共産党の小池晃参院比例予定者と、はたの君枝神奈川選挙区予定者は4日、関内駅前で、仕事始めで出勤する労働者に新春の挨拶をしました。小池潔県委員長、県党勤務員ら約20人が参加しました。

1月4日関内駅はたの

小池氏は、大胆な金融緩和と大型公共事業の推進を掲げる安倍政権の経済政策では、デフレ不況を脱却できないと指摘。国民の所得を奪う消費税増税を中止する事や、大企業の内部留保の一部を活用し、賃金を引き上げ、下請け単価を適正にすることなど不況を打開する党の改革ビジョンを語り、「財界にしっかりモノが言える日本共産党に労働者の暮らしをあたためて日本の経済を元気にする仕事をやらせて下さい」と訴えました。

はたの氏は、「憲法9条が生きる政治へ、米軍機の爆音もオスプレイも原子力空母もいらない。その平和の声を日本共産党に託して下さい」と呼びかけました。

ビラを受け取った女性は「共産党は企業団体献金などをもらっていないところが良い」と述べました。