アクション 

県民の声届ける 参院神奈川選挙区 はたの氏決意

2013年1月5日

参院神奈川選挙区に挑戦する日本共産党の、はたの君枝氏は4日、県庁内で記者会見しました。

はたの写真①

はたの氏は、①消費税増税やめ、労働者の賃上げ、雇用の拡大でデフレ不況から脱却する②原発をなくし、自然エネルギーを普及する③農業や医療などを壊すTPP交渉参加をやめさせる④憲法9条を守り生かし、オスプレイの厚木基地の使用・拠点化を断念させる――ために奮闘すると表明。「党派を超えて、県民の声を届けていく一人として私を選んでいただきたい、一緒に変えていきましょうと呼びかけたい」と語りました。

小池潔党県委員長は、選挙区で議席を奪還したいと強調。はたの氏について、労働問題や平和・基地問題の仕事を積み重ね、教育分野で実績をあげてきたと述べました。