アクション 

富士吉田市で演説会 はたの・渡辺氏ら訴え

2012年11月23日

山梨県の日本共産党郡内東八西八地区委員会は18日、富士吉田市で、田村智子参議院議員を迎えて衆院山梨2区の党演説会を開きました。

18日富士吉田はたの  18日富士吉田渡辺

はたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者と、渡辺正好2区予定者が総選挙での支持を訴えました。

はたの氏は、「いよいよ総選挙。党議席倍増の達成へ全力を尽くします」と決意。「年収130万円では暮らしていけない。今度こそ共産党に勝って欲しい」という声を紹介し「消費税増税は中止の声を、党派を超えて共産党に寄せて下さい」と呼びかけました。

18日富士吉田田村

渡辺氏は、「笛吹市議選でアリーナ建設反対の候補者が全員当選し、民意を無視した政治にノーの審判が下った。総選挙でも国の政治を大本から変えましょう」と訴えました。

18日富士吉田3人

田村氏は、TPPについて、安倍晋三自民党総裁が「自民党ならコメを例外に出来る」と発言した事にJAの人たちが激怒している事を示し、「共産党を大きくしてこそTPP参加を阻止できます」と強調しました。

18日富士吉田4人  左の方、上九一色村でオウム真理教と対峙していた竹内精一さん。山梨2区の演説会場で記念写真をお願いしました。不正義とは一歩も譲らずたたかう日本共産党を体現する方です。そして、田村智子さん、はたの君枝さん、渡辺正好さんです。