アクション 

展望開く人を国会へ はたの氏ら訴えに反響

2012年11月23日

日本共産党北東地区委員会などが20日、山下芳生参院議員を迎え、神奈川3区演説会を開きました。

20日18区はたの  21日3区もとはし

はたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者は「財界にモノが言える政治を、神奈川、横浜から実現したい」と決意を述べ、もとはし佳世3区予定者が党への支持を訴えました。

20日3区山下

山下氏は、党が、経済、原発、外交など各分野で展望を開く提案をし、国会内外で行動してきた事を紹介。「党が伸びてこそ、行き詰った政治を打開する確かな保障がある」と呼びかけました。

神奈川区の職場から駆けつけた曽我勇気さんは「政治への怒りがふつふつ湧いてきました。まわりに支持を訴えるのは壁が高くて今まで出来なかったけど、話してみたい」と意気込みました。

20日3区3人

初参加した鶴見区の清掃業の女性は「今まで政治には無関心で、国政と言ったら自民党に入れてきた。今日は、こんなに一生懸命頑張っている人がいると知りました。はたのさんには、ぜひ国政で働いて欲しい」と語りました。