アクション 

オスプレイ訓練 厚木を使わせない!はたの氏ら防衛省に抗議

2012年11月8日

日本共産党神奈川県委員会とはたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者は7日、米軍が厚木基地で垂直離着陸機МV22オスプレイの訓練を計画していると報じられている件で、防衛省に抗議の申し入れをしました。田村智子参議院議員が同席し、神奈川の小選挙区予定者や厚木基地近隣自治体の党議員らが参加しました。

7日防衛省①  抗議・要請するはたの氏等

要請では、米軍が日本政府に伝えた訓練計画で厚木基地の使用を明記していたにもかかわらず、森本敏防衛大臣が全国知事会(2日)で言及しなかった事を批判。日米合同委員会の運用ルールも守らない違反飛行が常態化する中、「政府の『安全宣言』はでたらめである事が明瞭になってくる」とし、森本大臣の釈明、米側が示した本土訓練計画の全容公表、オスプレイの日本への配備・訓練計画の撤回などを求めました。

7日防衛省② 追及する はたの氏

参加者から厚木基地がオスプレイ訓練に使用されると言う新聞報道に触れ、「厚木基地がオスプレイの拠点に含まれていないと断言できるのか」と質問が出ました。応対した防衛省の担当者は米軍から通知されたのは「本土各地の施設・区域に飛来する」ことのみで、厚木基地を含むかは確認していないと回答しました。

7日防衛省③ 厚木基地は人口密集地のなかだ!

はたの氏は「事故が起きてからでは遅い。住民に何の公表もないまま訓練を始めるなど許されない。基地は撤去するしかない」と訴えました。田村議員は「報道されている事が真実かどうか、防衛省から関係自治体に説明する義務がある」と指摘しました。

7日防衛省④ 断固闘おう!と相談