アクション 

首都圏 危険にさらすな! オスプレイの配備撤回と訓練の中止を断固求める

2012年11月7日

日本共産党のはたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者は6日、横浜市港南、南の両区で、米軍のМV22オスプレイが米海軍厚木基地で訓練する計画だと報じられた問題にかかわって、オスプレイ配備撤回と訓練中止を訴えました。

6日弘明寺商店街

宣伝は全県キャラバン宣伝の一環で、こだま俊明神奈川1区予定候補、荒木由美子市会議員、みわ智恵美港南区市議予定候補も参加しました。

はたの氏はオスプレイの危険性を語り「首都圏の市民を危険にさらす訓練は絶対に許せません。断固中止を求めます」と強調。米国言いなりの政治の大本には安保条約があり、日本の平和は憲法9条を生かした外交の力でこそつくれる事などを訴えました。

雨にもかかわらず多くの人が「赤旗」号外を受け取り、じっと耳を傾ける女性や質問してくる人がいました。