アクション 

沖縄米海兵隊実弾射撃訓練物資搬出入 中止申し入れ ノース・ドック懇談会が防衛局に

2012年11月3日

はたの氏が同席

ノース・ドック基地問題懇談会は31日、防衛省南関東防衛局を訪れ、北富士演習場(山梨県)での沖縄米海兵隊による県道104号越え実弾射撃分散訓練の中止を申し入れました。

10月31日南関東防衛局

申し入れ書は車両などの物資のノース・ドックへの搬出入中止を米軍に強く要求する事等を求めています。

防衛省側は「ノース・ドック自体は米軍の重要な施設なので返還は求めない。米軍の今回の訓練は演習と沖縄の負担軽減のためでもあり、我々としては中止を求めない」などと答えました。

はたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者が同席し「北富士での演習は山梨県でも大変困っている問題です。物資の搬出入に横浜港を使うのは相応しくない。ノース・ドックの返還は横浜市でも要求しています。国も返還を求めるべきです」と述べました。