アクション 

山梨県民大運動委・党県委 政府に来年度予算要請 田村・はたの氏ら同席

2012年10月26日

山梨県民大運動実行委員会(清水豊代表世話人)と日本共産党山梨県委員会は24日、国会内で2013年度の国政予算要求実現を求める要請を行いました。清水代表世話人や構成団体の代表、党議員のほか、うえむら道隆1区、渡辺正好2区、花田仁3区予定者ら27人が参加しました。

山梨県実委と県党の国政交渉① 同席する田村議員と、はたの氏

厚生労働省では、生活保護について、親族に扶養困難を証明するよう義務付ける改悪をやめるよう要求。担当者は「扶養義務や拒否した場合の罰則はなじまない」とする一方、「説明責任を求める必要もある」と答えました。妊婦健診無料は「来年度継続の予算獲得を検討している」としました。

自治体独自の医療費助成への国からのペナルティについて「(見直しを)検討する」という国会答弁は継続されているとの考えを明らかにしました。

農林水産省では、ТPPについて「全ての品目の関税完全撤廃を7年以内にと主張する国が多いと聞いており、省としては厳しいものととらえている」と担当者が答えました。

防衛省では、オスプレイの本土ルート上の飛行訓練やキャンプ富士での訓練について担当者は「(米側からは)通常の訓練でも事前の報告は無いので、同様になると認識している」などと述べました。

田村智子参議院議員とはたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者、志位和夫委員長の国会秘書が同席しました。