アクション 

復興予算流用を批判 大企業の横暴ただす共産党 南アルプスで田村、はたの氏ら訴え

2012年10月23日

19日、山梨県南アルプス市で、田村智子参議院議員を迎えて日本共産党演説会が開かれました。

田村氏の他、はたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者、花田仁1区予定者らが「南関東ブロックで、なんとしても2議席を」と支援を訴えました。

   

田村氏は、同日の参院行政監視委員会で、復興予算の流用問題を追及したことを紹介。「リストラを進める大企業に復興名目で補助金を出すのは認められない」と述べ、「大企業の実名を出して問題を正せる日本共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。

はたの氏は「日本の政治を大本から変えるため、党派を超えた支援を」と呼びかけました。

演説会では、南アルプス市議選に立候補する、名取やすし党市委員長と、そうだ記史青年対策委員長も登壇し、新庁舎建設計画の見直しや中学3年までの医療費無料化を訴えました。