未分類 

渡辺まさひで市議候補とともに笛吹市で訴え

2012年10月19日

DSC_0314.jpg

10月19日、笛吹市議選で日本共産党の渡辺まさひで候補が訴えました。私も応援の訴えをしました。アリーナを建設すると年間の維持費に2億円以上かかります。渡辺まさひで市議候補は、そのお金があれば、中学3年生までの医療費無料化やリフォーム助成、農業後継者支援の充実など市民要求は実現できます、と提案しました。一昨年の猛暑で多くの子どもたちが体調をくずし保健室に行かざるをえなくなったことを調査し、小中学校にクーラーを設置した渡辺まさひで市議。小水力発電を実現した力で原発ゼロへ力をあわせましょう、と呼びかけました。「ぜひがんばってほしい」と聴いてくださった方から、多くの激励をいただきました。