アクション 

米兵暴行事件に抗議 米海軍司令部に抗議文 はたの氏らが手渡す

2012年10月19日

沖縄県で起きた米兵による女性暴行事件で、日本共産党のはたの君枝衆院比例南関東ブロック予定者は18日、神奈川県横須賀市の在日米海軍横須賀基地に出向き、在日米海軍司令官のダン・クロイド少将あてに抗議文を提出しました。

斎田道夫11区、宮応かつゆき13区、いのまたゆり14区の各予定者、大村洋子横須賀市議らが参加しました。

はたの氏は「沖縄での事件に強く抗議します。女性の尊厳を冒涜する事件に怒りを持っています」と表明。 ※容疑者を日本の法律のもとで、厳正に裁判し処罰する為に捜査を無条件で全面的に協力する ※具体的な再発防止措置を示して公表する ※在日米軍基地を即時撤去する を求めました。

抗議文を受け取ったバーバラ・ジョナス少佐は「被害者の女性に与えた深い悲しみ、苦痛、また、沖縄県民、国民の皆さんに与えた不信に対し、遺憾千万の思いです」と答えました。