アクション 

リニァ計画「待った」沿線住民が甲府で集い

2012年10月4日

リニァ中央新幹線建設計画に対する「ストップ・リニァ沿線住民の集い」が9月30日、山梨県甲府市内で開かれ、東京、神奈川、山梨、長野、岐阜の各都県の住民やJR東海の労働組合など150人が集まりました。

参加者からは「『夢の交通手段』としてバラ色の計画を振りまくJR東海や国、県、商工団体、地元自治体に対し『その計画待ったといいたい』」「住民の安全やくらしを支えるはずの自治体がなぜJR東海と一緒に計画を進めるのか」などの発言が相次ぎました。

「集い」を主催した川村晃生リニァ・市民ネット代表(慶応大名誉教授)が、50人が参加した同日午前のリニァ実験線延伸工事現場見学(笛吹市)について報告。「リニァの問題点がまだ解決されていないのに、来年12月に実験車両を走らせるのは拙速です」と批判し「リニァ計画には、環境も人心も経済も破壊する『原発推進』勢力と共通する視点がある。こうした声を広げましょう」と反対運動の強化を呼びかけました。

「集い」賛同団体の「山梨・水と緑を守る会」の関本ことさんは「計画沿線の住民が初めて一同に集まった事に大きな意味があります」と話しました。