アクション 

希望をひらく はたの君枝

2012年9月29日

 「今すぐ原発ゼロへ」「原子力空母はいらない」と9・9横須賀集会の参加者は訴えました。私も2500人のみなさんとともにレッドカードを突きつけました。地震・津波で米原子力空母の原子炉事故が起これば、被害は首都圏に及びます。

 「即時原発ゼロ」を日本共産党は提起しましたが、政府は「2030年代に原発稼動ゼロ」という方針すら閣議決定できませんでした。財界とアメリカが反対したからです。

 17日、リニア中央新幹線の大深度地下トンネル計画について、川崎市内を住民団体の皆さんと視察したあと、ある女性から電話をいただきました。「日本共産党はリニア新幹線にきちんと反対する政策を持っていますね」「リニア問題からエネルギー、原発問題が見えてきました」。リニア新幹線の使用電力は新幹線の3倍以上で、原発稼動が前提ともいわれています。

 草の根からの運動と「共産党頑張って」という期待に何としてもこたえたい。それが私の原動力です。