アクション 

増税阻止の声大きく 各地で訴え

2012年8月12日

消費税増税法案の民主、自民、公明3党などによる強行可決に対し、日本共産党のはたの君枝衆院南関東ブロック比例予定者先頭に、各地で「大増税の実施許さない」「衆院選で増税勢力に厳しい審判を」と訴えました。

千葉 審判下そう

千葉県委員会は10日、千葉市のJR千葉駅前で、緊急の抗議宣伝行動を行いました。はたの君枝衆院南関東ブロック比例予定者と小松実県議団長が参加しました。

はたの氏は「国民多数の声を踏みにじる暴挙です。増税3党連合にこんどの総選挙で厳しい審判を下しましょう」と呼びかけました。

党県委員会発行が発行したビラを受け取った男性は「民主、自民、公明の3党は密室で談合して、可決するというやり方には本当に腹が立ちます。総選挙になったら投票に行くつもりだが、この3党には絶対に投票しない」と語りました。

山梨 談合許せない

山梨県内では10日、うえむら道隆衆院1区予定者が甲府市で、渡辺正好同2区予定者は富士吉田市で、花田仁同3区予定者は中央市で、党市町村議らとともに、採決に抗議する宣伝を行いました。

夕方のJR甲府駅前で、うえむら氏は「法案の参院可決強行は、民主、自民、公明3党の密室談合を国会に押し付けるもの」と批判。「国民多数の増税反対の声を無視する暴挙で、絶対に許せません。『ただちに国民の信を問え』の声を大きく広げ、増税3党に厳しい審判を下しましょう」と呼びかけました。

訴えを聞いた小宮山修さんは「いずれは(増税も)やむを得ないと思うが、談合で決めるやり方に腹が立つ。絶対に支持できない」と話しました。

中央市のスーパーでは、男性が「自民党の政治がダメすぎて国民が政権を変えたのに、庶民を苦しめる増税なんて許せない。(共産党)頑張ってよ」と宣伝カーに声をかけました。

神奈川 密室談合を批判

神奈川県では、はたの君枝衆院南関東ブロック比例予定者と小池潔建委員長らが、JR東神奈川駅で宣伝しました。

はたの氏は、民主党政権の消費税増税を含む一体改悪は、日本の経済をどん底に突き落とし、経済危機を一層ひどくするものだと批判。「国民の声を無視して密室で談合し、消費税増税を推し進める民主、自民、公明の3党に強く抗議し、全力で消費税増税に反対していきます」と訴えました。

ビラを受け取り「(消費税増税は)ダメよ。日本が潰れちゃう」と良かった竹田繁司さんは、仕事で沖縄県から来県し、さきほど納税してきたところでした。「増税されたら、まともな人は誰も商売ができなくなる。まちごうとる。日本の将来をあんじます」

神奈川区内の女性も「消費税増税は困ります。(推進派は)国民のためではなくて、自分たちのために消費税増税を言っているのではないか。国民が蚊帳の外に置かれている感じがする」と話しました。