アクション 

国民の6割が反対 消費税増税法案を廃案に はたの氏ら訴え

2012年8月8日

野党7党による内閣不信任案の衆院提出を受け、日本共産党のはたの君枝衆院南関東ブロック比例予定者は7日、東神奈川駅で緊急宣伝を行いました。

8月7日緊急宣伝⑥

はたの氏は「日本共産党など野党が消費税増税法案をストップさせる為に野田内閣不信任案を衆院に共同提出しました」と報告。党の「提言」を手に持って消費税に頼らなくても社会保障を充実し財政危機を打開できる別の道があることや、増税法案について国民の5-6割が反対している事に触れ「国民の皆さんの声を実現させる為に全力を挙げます」と訴えました。

はたの氏を激励した女性は「私は賃貸業をしています。増税されたら家賃を上げるとは借り手に言えないので私の収入が減ります。それだけでなく、みんなが物を買い控えて不景気になったら大変です」と話しました。