アクション 

対話を広げ政治を変えよう 田村・はたの両氏が訴え

2012年6月28日

 日本共産党三浦半島地区委員会は24日、横須賀市で「国会報告会」を行ないました。

 田村氏は、民主、自民、公明の3党が「談合」して国会に提出した「社会保障制度改革推進法案」では、社会保障は、家族や国民相互の助け合いを基本としていると説明。「国が国民の健康や安全、暮らしを保障するという考えが完全に欠落したものだ」と批判しました。

 また、同法案が消費税を財源としている問題にも触れながら、党の「社会保障充実、財政危機打開の提言」の示す改革について解説。「対話を広げに広げ、政治を変えていきましょう」と呼びかけました。

 はたの君枝衆院南関東ブロック比例予定者は「強く大きな党を作って選挙に勝ち、皆さんの暮らしを元気にするため頑張りたい」と訴えました。

 娘と参加した増田京子さんは「新聞やテレビなどではわからない話が聞けて良かった。共産党の良いところはたくさんあるので、またいろいろ勉強したい」と話しました。