アクション 

民自公の密室談合許すな  増税阻止 共産党宣伝に反響

2012年6月15日

5%でもキツキツ・・神奈川

はたの君枝衆院南関東ブロック比例予定者と党神奈川県委員会は14日、JR横浜駅前で、消費税増税に反対する署名宣伝を行いました。

 6月14日宣伝②

はたの氏は「自民、民主、公明の3党は談合で、社会保障を削減し消費税増税を押し通そうとしています。怒りの声を広げましょう」と呼びかけました。

署名した吉田泉さんは「これからの税収の在り方を国全体で考えていかなければならない時に、3党だけで消費税増税を進めようとしているのは、いやな感じだ」と話しました。

6月14日宣伝①

「5%でもキツキツ」と署名した高校3年生の男子は「大金持ちは、お金をためているだけで使わない。そういう所からきちんと取ってほしい」と話しました。

専門学校2年の女性は友達2人と署名し「増税されたら困る。税金はどこに使われているか分からない」と述べました。

 

青年と共に・・山梨

花田仁衆院山梨3区予定者は14日、南アルプス市内で、そうだ記史党南アルプス市委員や党青年後援会員らと共に訴えました。

6月14日花田

花田氏は「どんな世論調査でも国民の過半数は消費税増税に反対です。民主、自民、公明の『増税談合』『増税大連合』の動きは、民意に真っ向から背くものです」

と批判。「大増税反対の声を広げに広げ、増税法案を廃案に追い込みましょう」と訴えました。

買い物を終えた小沢加代子さんが「私の周りの人は賛成なんて言う人はいません。絶対反対です」というと、一緒にいた夫も「共産党がうんと頑張ってほしい」と話

しました。

 

庶民は死ねと言うのか・千葉

党千葉県委員会は13日、千葉市「そごう」デパート前で、「全国一斉緊急宣伝行動」の一環として、消費税増税ストップの宣伝・署名行動に取り組みました。

宣伝には、12人が参加。浮揚幸裕県委員長らがマイクを握り「民主、自民、公明の3党が『増税談合』で押し通そうとしています。日本共産党は、消費税に頼らなく

とも社会保障を拡充し、財政危機を打開する道を示した『提言』を発表しました。ぜひお手にとってお読みください」と訴えました。

署名した女性は「民主、自民、公明が協議して消費税を上げるなんて許せない。やっぱり共産党が大きくならないとダメだ」と話しました。

幕張町の年金暮らしの女性は「年金は減らされ、介護保険料は上がり、その上消費税が上がったら・・。庶民は死ねと言うのでしょうか」と怒りをあらわにしていました。