アクション 

国会に消費税・原発署名 南関東ブロックの党県委が提出

2012年6月13日

衆院南関東ブロックの日本共産党3県委員会は12日、消費税増税反対の署名等4種類の署名を国会に提出する請願行動を行い、田村智子参院議員に手渡しました。はたの君枝衆院南関東ブロック比例予定者、各県の衆院小選挙区予定者らが参加しました。

6月12日国会請願山梨 6月12日国会請願千葉

6月12日国会請願神奈川

今回提出された署名数は「消費税増税に反対する署名」が5676人分、「原発からの撤退を求める署名」が3956人分などです。

各県からの参加者は「新興住宅地で宣伝しながら消費税の署名を訴えるとほとんどの家で協力してたくれた」(山梨)「1200人を超える人と電話で消費税増税問題で対話した」(千葉)「駅頭で朝7時から夜7時までの12時間宣伝を行った。今後ももっとやりたい」(神奈川)などの決意もだされました。

6月12日国会請願はたの

はたの氏は「神奈川県社会保険労務士会の集まりで消費税増税反対を訴えると手をたたいて喜ばれた。いま大いに国民の中に打って出ることが大切だ」と訴えました。

6月12日国会請願田村

国会報告をした田村氏は「消費税増税に反対する国民世論の高まりを背景に民主党の中でも動揺が広がっている。国民が政治を動かすカギを握っている」と強調しました

志位和夫衆議院議員秘書の浜田文氏が同席しました。