未分類 

小沢しんじ候補が湯河原町議選で訴え

2012年3月17日

120313_1400~02.jpg

3月13日、湯河原町議選が告示され、日本共産党の小沢しんじ候補が第一声を上げました。私も応援の訴えをしました。
小沢しんじ町議は、この3年間で議会での発言が400回をこし、小中学校の全教室にエアコンが設置されたのは、県内初めてというように、町民の要求を議会に届けてきました。リフォーム助成を提案し、実現。1億6千万円の仕事おこしになっています。
小沢しんじ町議は、津波から命を守るため、中学校を安全な場所に移転するよう議会で求めました。町内で放射能測定を行ってきた小沢しんじ町議は、子どもたちの食材の放射能検査を提案しています。街頭での訴えに、「小沢しんじさんにはがんばってほしい。私も支持を広げます」と激励の声をかけていただきました。