未分類 

浦安市で液状化調査

2012年2月25日

120221_1033~02.jpg

2月21日、私は浦安市にうかがい、液状化問題を調査しました。日本共産党の、みせ市議団長、井原前市議の案内で、市内を回りました。
元木市議の紹介でうかがったお宅では、住宅街一体が液状化によって波をうったようになり、修復や建て替えにむけて、大変なご苦労があることが訴えられました。駐車場にも段差ができ、液状化の際の砂が吹き上がった状態が残っていました。住民のみなさんは裁判に立ち上がっています。
市内の86%が液状化の被害を受け、傾いた家に住んでいたら、頭痛と吐き気がして体調を壊してしまった、とお話を聞きました。液状化問題は国として抜本的対策をとる必要があると思います。