未分類 

放射性廃棄物の搬出を原子力空母が強行

2011年6月10日

6月8日、横須賀中央駅前で、抗議の座り込みと宣伝が行われました。原子力空母ジョージ・ワシントンがこれまでの約束に反して、危険な放射性廃棄物の搬出作業を強行したからです。私は、横須賀基地へ行き、米軍に直接、抗議をしました。
神奈川県内では、茶葉から放射性セシウムが検出され、出荷自粛という事態が起きています。私は、地元の日本共産党市会・町会議員とともに、農協へうかがい被害の状況を聞かせていただきました。そして、その要望をもって東京電力に申し入れをしてきました。
8日、横浜駅西口では、「原発からの撤退を求める」署名に、日本共産党神奈川県委員会としてとりくみました。パンフレット「『科学の目』で原発災害を考える」を何人もの方が買ってくださいました。