未分類 

身近にある都市農業

2010年9月22日

100918_1646~01.jpg

9月18日、私は、川崎市中原区で、むねた県会候補、おおば市議と一緒に定例宣伝に参加しました。中原区の花はパンジー。全国に誇るパンジーの栽培が行われている区です。20日の敬老の日には、藤沢市内を、沼上県会候補と一緒に回りました。この地域にも農家の方が多くいらっしゃいます。農地がそれぞれ離れていて農作業が大変、という話もうかがいました。
22日は、日中の気温が30度をこす暑さになりました。10月10日に開かれる「食と都市農業を考えるシンポジウム」(主催・日本共産党神奈川県委員会)のご案内で、農協にうかがいました。横浜の田奈農協では大貫市議団長、川崎セレサでは石川市議と一緒に、都市農業の大切な役割、税金の悩みや駐車場問題の要望などを聞かせていただきました。この暑さで野菜の収穫が心配、という声もありました。身近にある都市農業をもっと知り、県民のみなさん、地域のみなさんと一緒に、この問題にとりくんでいきたいと思います。